白柴バニラのひとりごと

美味しい物とちょっとした出来事を思いついたままに書いてみます。

梅ジャム 終了

子供の頃、学校から帰ると友達と待ち合わせて駄菓子屋へ行くのが楽しみでした。

お気に入りはミルクせんべいという、口に入れるとすぐ溶けちゃうような柔らかい薄いせんべいに、多分あまり手を洗っていない店主のおじさんが缶に入った入れ物からハケでソースを塗り、それを何層にも重ねて食べるソースせんべいでした。今では考えられないくらい、多分衛生面では絶対的に問題があったと思いますが、あの頃はそれが大好きでした。

別バージョンとして、袋に数枚入ったミルクせんべいと梅ジャムを買って、梅ジャムせんべいにするのはちょっと贅沢な時。家に帰って、ミルクせんべいに梅ジャムを塗って挟んで食べると梅ジャムの甘酸っぱさが口に広がってソースとは違った幸せ感がありました。

ネットニュースで、その梅ジャムが販売終了になったと知りました。私も大人になって駄菓子屋に行くことも、コンビニで梅ジャムを見かけても買う事も無くなっていたことに後悔しきりです。あんなに大好きだったのに…

製造者の方には、あの頃私に与えてくれた幸せへのお礼と、長年お疲れ様でしたと伝えたいです。梅ジャムは最高のおやつでした😌